廃車・車買取について

廃車にするには・・・

廃車にする車があるならば、できるだけはやめに手続きをしたほうがいいです。
当然、登録しているうちは、毎年重量税がかかってしまいます。

 

車はゴミとして捨てることはできません。
廃車手続きをきちんとすませてから、処理をしないといけません。

 

廃車の種類には、今後使用再開できるものと、使用できなくなるものの2種類あります。

 

一時末梢登録といわれる一時的に、自動車の使用を中断するための手続きと、永久末梢登録といわれる、完全に廃車にするための手続きがあります。

 

廃車に必要な書類は、
・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証(車検切れの場合はいらない)
・印鑑登録証(3ヶ月以内のもの)
・自動車登録専用委任状 
・自動車登録専用譲渡証明書 
・重量税還付申請用委任状(車検残存期間が1ヶ月以上ある方は必要)
・リサイクル券
・自動車のナンバープレート2枚
・免許証等の身分証明書
などなど、これらのたくさんの種類の書類が必要になってきます。

 

ですから廃車手続きを業者の方にまかせてしまうのも、手間がかからず賢いやり方かもしれません。

 

廃車手続きは非常に面倒くさく感じますが、自分でそのやり方を知っておくと非常に便利です。
色々な情報を得て、正しい廃車のやり方を身につけましょう!

廃車の手続き

廃車の手続きは、平成17年度に施行されたリサイクル法のせいで、より手続きが面倒になりました。

 

廃車専門の業者に頼むと楽なのですが、お金がかかってしまいます。
やはり、できることなら自分で処理したいと思うのもしょうがないことでしょう。

 

そのためには、廃車に関する、ある程度の知識を持っていないと難しいです。
廃車手続きを行う場所は、あなたの住民票がある、都道府県の陸運局に行けば手続きができます。

 

持っていくべき書類などがよくわからなければ、陸運局に電話をかけて聞くと、係りの人が親切丁寧に教えてくれます。

 

軽自動車を廃車にする場合は、「軽自動車検査協会」で手続きを行います。

 

廃車手続きをする時に気をつけなければいけないことは、永久末梢登録をした車は、もう復活できない!ということです。

 

この車は、もう日本国内の公道を走らすことは不可能です。

 

再度、自動車登録するのは限りなく難しいか、無理だと思ってもらったらいいと思います。

 

廃車の目的が税金面だけの問題でしたら、
一時末梢登録がお勧めです。

 

こちらは、再度登録することが可能ですので、その車に乗りたい時に、また登録すれば、再び日本の公道を走らすことができます。

 

廃車は手続きの内容をよく理解して行うようにしましょう!

廃車は買い取ってくれる場合も

廃車の手続きを自分でする場合も、まず、先に専門の業者さんに連絡をしてみるのも1つです。
なぜかというと、車の状態によっては、高く買い取ってくれます。

 

本来なら手続きに費用がかかり、その上、面倒な手続きもしないといけないところを、料金をいただいて、手続きもすべてしてくれますので、廃車を考えの方は是非、専門の会社さんに依頼してみてください。

 

 

◆東京・神奈川・埼玉地区での廃車・車買取り先

 

廃車買取のLLカーサービスさん
〒192-0355 東京都八王子市堀之内2-16-10 TEL:042-682-2213

 

ページの先頭へ

廃車・車買取なびについて

Copyright  廃車・車買取なび  All Rights Reserved