廃車した車を再登録

廃車した車を再登録

廃車にした車を再度、登録しなおして乗れるようにするためには、自動車の新規登録手続きを、しなければなりません。

 

自動車の新規登録手続きは、普通自動車の場合は陸運局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で、申請する必要があります。

 

このとき、廃車済みの自動車の、新規検査を受けることが義務付けられています。

 

新規検査は、車検と同じような内容です。

 

新規検査を通ると、はれて公道を走れる自動車として復活します。

 

 

廃車済みの自動車の再登録時に必要な書類は、
・抹消登録証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書
・手数料納付書
・印鑑
・印鑑証明書
・車庫証明
・定期点検整備記録簿
・自動車検査票
・申請書
・自動車税・自動車取得税申告書
・自動車重量税納付書
これらの11項目が必要になります。

 

また、自動車の所有者と、使用者が異なる場合、使用者の「住民票」が必要になり、一時的に廃車にした車の所有権が譲渡されている場合、「譲渡証明書」が必要になります。

 

 

廃車後の再登録手続きは面倒なことがたくさんあります。

 

それは盗難車が流通するのを防ぐ意味合いもあるようです。

 

しかし、一度やってしまえば、次からは簡単に手続きを進めることができるでしょう。

 

自分で登録を行うと、費用も当然安くすみますので、知識として覚えておいて損はないでしょう! 

リンク

関連記事

ページの先頭へ

廃車・車買取なび > 廃車 > 廃車した車を再登録

廃車・車買取なびについて

Copyright  廃車・車買取なび  All Rights Reserved